詳しく解説!気になるいぼとおさらばする方法

いぼ除去の方法

医者と看護師

液体窒素による除去

多くのいぼ治療で利用されているのが、この液体窒素による除去方法。凍結療法や冷凍凝固療法ともいわれています。この方法は、マイナス196度の液体窒素を使用していぼができてしまった箇所の細胞を破壊します。この治療方法は、一度で終了するのは難しいため何度かの通院が必要となります。液体窒素を用いて低温やけどをするため、多少痛みを伴いますが費用はリーズナブルとなっています。メスによる切除やレーザーが怖い、という方はこの液体窒素による除去がおすすめです。さらに除去の確実性が高いのも魅力となっています。しかし、除去した部分が色素沈着を起こすこともあるので足の裏や目立たない部分の治療におすすめの方法です。水ぶくれや血豆ができることもありますが、それらは皮膚の新陳代謝により剥がれ落ちていきます。

レーザーによる除去

このレーザーによる除去方法は、いぼによって多少切除範囲が変わってきます。いぼがウイルス性であった場合、ウイルスの原因である根本から切除しなければなりません。しかし加齢などが原因のウイルス性でないいぼは、突起した部分のみの切除で済みます。レーザーによる除去は、痛みが少なく出血もあまりないということメリットがあります。治療時間も短く1回の治療で済むことが多いので、仕事が忙しい社会人の方や育児や家事で忙しい主婦の方にもおすすめの施術方法です。費用に関しては、皮膚科や美容皮膚科によって違いがあります。そのため、事前にどの皮膚科がお得な値段か下調べを行うと良いでしょう。

切除による除去

大きないぼの場合、切除による除去を行うことが多いようです。また、レーザーが行えない場所にできたいぼも、切除で除去を行う場合があります。レーザー治療が一般的になるまでは、この切除による除去が主流でした。切除というと痛みを伴うイメージが強いですが、最近は麻酔クリームや局部麻酔を使用しているため痛みが苦手な人でも安心して治療を行えるようです。この切除による除去方法の大きなメリットは、除去が1回で終わることが多いという点です。しかし出血や痛みを伴う可能性が高いので、医師からしっかり説明を受けて施術をしてもらいましょう。

内服薬による除去

この治療方法は、ウイルス性のいぼに適した除去方法です。ウイルス性のいぼができてしまう原因は、免疫力低下に関係しています。免疫力アップに効果的な成分が入った内服薬を服用していぼ除去を行います。この内服薬による除去は、完治までに時間がかかってしまいますが痛みを伴わないのがとても良い点です。また、加齢によってできてしまったいぼはこの内服薬による除去は効果が得られません。市販でもこのようないぼに効果のある薬は販売されていますが、しっかり皮膚科で処方されてもらった薬を服用することをおすすめします。市販の薬の場合、成分の含有量が少なく効果が得られない可能性があります。また、このできものがいぼであるかどうか判断してもらうためにも一度皮膚科へ足を運ぶことをおすすめします。

Copyright© 2019 詳しく解説!気になるいぼとおさらばする方法 All Rights Reserved.