詳しく解説!気になるいぼとおさらばする方法

いぼを対策しよう

看護師

いぼ対策

身体のどこにできても嫌な思いをしてしまういぼは、できるだけ予防しておきたいですよね。いぼは、日頃の心がけで予防することが可能なのです。ウイルス性と加齢によるいぼのそれぞれの対策方法を確認していきましょう。まず、ウイルス性のいぼを対策する方法として効果的なのが肌の保湿です。肌が乾燥してしまうと、傷ができやすくなってしまいウイルス感染の可能性も高くなります。そのため、保湿成分をたっぷり配合した化粧水や乳液などで毎日ケアを行いましょう。腕や手もハンドクリームなどをこまめに塗るようにして乾燥から肌を守るよう心がけてください。ハンドクリームは間違った塗り方をしているとあまり保湿効果が得られません。ハンドクリームは、手を洗って化粧水を付けてから使用しましょう。また、塗る際は手のひらでハンドクリームを包み温めてから塗るようにしてください。ハンドクリームを温めることで、肌にクリームが馴染みやすくなります。手の甲や指の間、指先なども忘れずに塗るようにしてくださいね。一方、加齢によるいぼを防ぐには紫外線対策が一番大切です。まだ若いから大丈夫と油断していると、将来いぼで悩んでしまう可能性が高くなります。紫外線対策の効果的な方法について、詳しく確認していきましょう。

紫外線から肌を守ろう

紫外線から肌を守ることは、良いことがたくさんあります。紫外線の影響で起きてしまう肌トラブルはいぼ以外にも、ほくろやシミ、そばかすやしわなど色々あるので注意が必要です。これらは、美容の天敵ですし最悪皮膚がんなどへと繋がる危険もあります。また、紫外線を浴びると肌も焼けて黒くなってしまいます。紫外線から肌を守るときに効果的なのはやはり日焼け止めです。今では色々な日焼け止めが販売されており、どの日焼け止めが効果が高いのか分からないという人も多いですよね。日焼け止めを購入する際に、チェックしてほしいのがSPFとPAです。SPFの数値が高いほど、肌の炎症を防ぐ効果があるといわれています。また、PAは+の数に注目してください。+の数が多いものが、肌の日焼けやしわやたるみの原因を防ぐ効果があります。さらに日焼け止めと一緒に使用してほしいのが日傘です。遮光率やUVカット率を確認して購入しましょう。日傘は、一般的に黒色のものが多いと思いますが、生地の色は紫外線カットにあまり関係はありません。紫外線カット加工をしたものならば白や水色などでも、自分の好きな色を選んでみると良いでしょう。折り畳み式などはコンパクトで持ち運びに便利なため、おすすめです。紫外線対策は、夏だけでなく一年を通して行うのが理想的です。晴れの日だけでなく、曇りや雨の日も紫外線は降り注いでいます。日頃から紫外線対策をして、数年後、数十年後の自分のお肌の健康を守っていきましょう。

Copyright© 2019 詳しく解説!気になるいぼとおさらばする方法 All Rights Reserved.